BODY MAKING GYM TIES
2ヶ月間のフルサポートで
理想の体を手に入れる

コンディショニングとは【運動編】

2021.02.06
4

コンディショニングから見る運動とは

 

日常生活をより快適に過ごしたり、スポーツパフォーマンス向上をするために

身体を動かすことをさします。

大きく分けると3段階に分かれていて

『フレキシビリティ』・・・柔軟性

『モビリティ』・・・動作性・連動性

『スタビリティ』・・・安定性

これらを改善し動かしやすい身体を目的に合わせてつくり変えていくエクササイズを『ファンクショナルトレーニング』といいます。

 

では、一つひとつ見ていきましょう!

 

フレキシビリティ(柔軟性)を向上させる

柔軟性を向上させるためには、まずどこの可動域を広げたいかを認識して

必要な筋肉をストレッチしたりマッサージします。

例えば、立った状態で膝を伸ばして、前屈する可動域を広げたいときには

ふくらはぎや太ももの裏、腰や背中の筋肉といった多くの筋肉が関与します。

これらの筋肉をストレッチすることで柔軟性が向上して動かす準備を整えることができます。

 

モビリティ(動作性・連動性)を向上させる

動作性・連動性を向上させるためにはまずはフレキシビリティが必須となってきます。

ストレッチやマッサージで向上させた柔軟性を使い、正確な動きができるようにし

さらにどの順番で筋肉が動いたらスムーズに動作を行えるかを身体に覚えさせます。

 

スタビリティ(安定性)を向上させる

柔軟性・動作連動性を習得したら次はスタビリティです。

スタビリティとは身体を安定させる力のことを指します。

いわゆる体幹トレーニングやバランストレーニングで向上が可能です。

これを向上させることにより歩く時の姿勢がきれいになったり、片足立ちでバランスがとれるようになります。

アスリートなどスポーツパフォーマンス向上を目的とする方であればこれら3つすべて高いレベルで必須になります。アスリート以外の方でもゴルフなどのでもうまくなりたいと思ったら技術も大切ですがこのようなコンディショニングをすることでパフォーマンス向上の一助となります!

 

とはいえ、自分自身の身体を把握するのはとても難しいかと思います。

自己流でトレーニングを始める前に、マンツーマンで見てもらえるお近くのジムで改善点を見つけてもらうのが日常生活を快適に過ごしたりスポーツパフォーマンスを向上させる最短距離になるはずです。

 

東京都文京区周辺の方はこちらから

 

この記事を書いてる人  -Writer –
岩井 慎太郎
   
BODY MAKING GYM TIES :代表トレーナー
月間180セッションを受け持ち老若男女問わず、幅広いクライアントに『健康』の大切さを伝えている。
主に『ボディメイク』『コンディショニング』
『ロコモティブシンドローム予防改善』を
『運動』『食事』面からサポートしている。
体験申し込みはコチラ