BODY MAKING GYM TIES
2ヶ月間のフルサポートで
理想の体を手に入れる

コンディショニングとは【睡眠編】

2021.02.08
2

コンディショニングから見る睡眠とは

 

日常生活やスポーツパフォーマンスにおいて、より快適に高いパフォーマンスを発揮できる状態を作るために『睡眠の質』『睡眠の時間』を調整することをさします。

今回はこの『睡眠の質』についてお話します。

 

『睡眠の質』をよくする方法

睡眠の質といってもかなり多くの要素がありますが、その中でも気を付けていただきたい睡眠に入る前について話します。

 

睡眠前の食事

これは広く周知されているかと思いますがとても重要です。

夕食ではできる限り消化に良いものを選び、胃の活動量を下げる必要があります。

22:00に寝る方が20:00に油の多い肉類を食べると消化に時間がかかり寝ている間も胃は働かなくてはいけなくなります。

夕食は肉類よりも魚類の方が消化吸収が早いので胃や腸に負担をかけずに睡眠に入ることができます。

 

脳へ刺激を与えない

脳への刺激を少なくすることで良質な睡眠をとることができます。

具体的には、スマホやタブレットを寝室では見ないように心がけること。就寝直前の入浴は控えること。就寝直前のスイーツをやめること。就寝直前に筋トレなどの運動を控えること。など

いきなりすべてを変えることは難しいかと思いますが、まずは1つでも調整ができるものがあれば変えてみましょう!

 

慢性的な姿勢不良

姿勢不良に関してはすぐに改善できるものではありませんが、日常生活での姿勢が睡眠時に与える影響はかなり大きいです。

顔が前に出ているようないわゆる猫背タイプの方は無呼吸症候群にもなりやすく、熟睡できずに睡眠の質としては悪くなってしまいます。

また口を開けて寝てしまう傾向があり、ウイルスや花粉も多く吸い込んでしまうことも考えられます。

 

前述した通り、すべてを改善することはかなり困難かと思いますが、できるところから1つずつ変えてみるとより快適な日常生活が送れるようになります!

今日よりも明日を快適に!

ではまた~!!

 

 

この記事を書いてる人  -Writer –
岩井 慎太郎
   
BODY MAKING GYM TIES :代表トレーナー
月間180セッションを受け持ち老若男女問わず、幅広いクライアントに『健康』の大切さを伝えている。
主に『ボディメイク』『コンディショニング』
『ロコモティブシンドローム予防改善』を
『運動』『食事』面からサポートしている。

 

体験申し込みはコチラ