BODY MAKING GYM TIES
2ヶ月間のフルサポートで
理想の体を手に入れる

今だからこそ知りたい!免疫力を上げる3つの習慣!

2021.10.10

免疫力を上げる習慣3

 

 

1.1日10分の運動習慣が免疫力を高める!

簡単な運動を1日たったの10分!これがとても重要です!

いきなり『1時間ジョギングだ』といってもなかなか習慣にできませんよね。

重要なのはできるだけ毎日続けてやること!つまり毎日できることを習慣にする

週末に1時間運動するよりも毎日10分動くことで筋肉が刺激され

やる気スイッチONモード(交感神経優位)になり、ウイルスへの抵抗力もUPします!

 

2.質の高い睡眠習慣が免疫力を高める!

睡眠は身体の機能を正常に保つための神経(自律神経)に密接に関係しています!

睡眠は一般的に6~7時間は必要とされています。

ただ寝るだけではなく、質の高い睡眠を6~7時間とることでウイルスに対して

抵抗力が向上します。

睡眠の質を高めるポイント

・夕食は睡眠の2時間前には済ませる。

・夕食で消化に良いタンパク質を摂る。

・布団の中の温度と室内の温度の差を少なくする。

・アルコールは控える

 

3.栄養価の高い食習慣が免疫力を高める!

栄養価の高いお食事をしつつ、腸内環境を整えることができれば

有害なものを体内へ侵入するのを抑制することができます。

具体的には

・良質なタンパク質

タンパク質は筋肉や臓器、皮膚、髪などを構成するだけではなく

白血球という免疫細胞を構成する際にも必要となるため

脂身の少ない肉や魚を積極的に摂取することが大切です。

毎食、肉か魚を摂取するのが理想的です。

・発酵食品

納豆やヨーグルト、味噌などの発酵食品には

腸内の善玉菌を増やす働きがあり、腸内環境が改善することにより

免疫力が向上する。

・食物繊維

食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維があります。

水溶性食物繊維は、血糖値の上昇やコレステロールの上昇を抑制する効果があります。

主に海藻類やイモ類、りんごなどに多く含まれます。

不溶性食物繊維は、水分や老廃物を吸着して便のかさを増し便秘改善に繋がります。

主にキノコ類や豆類、根菜類の多く含まれます。

両方の食物繊維に共通しているのは、腸内の善玉菌のエサになり腸内環境の改善に繋がります。

 

全部を一気に改善する必要はありません!

少しずつ習慣にできることから始めてみましょう!

 

この記事を書いてる人  -Writer –
岩井 慎太郎
   
BODY MAKING GYM TIES
代表コンディショニングトレーナー
月間180セッションを受け持ち老若男女問わず、幅広いクライアント『健康』の大切さを伝えている。
主に『ボディメイク』『コンディショニング』『ロコモティブシンドローム予防改善』を『運動』『食事』面からサポートしている。
体験申し込みはコチラ