BODY MAKING GYM TIES
2ヶ月間のフルサポートで
理想の体を手に入れる

食べないのに痩せない罠!

2021.11.22
5

 

食べていないのに痩せない罠

 

 

少ししか食べてないのに全然痩せない…。

お米も食べてないし、おやつも食べてないのに…。

ストレスばかり溜まって、1キロも落ちない。

 

実は、食べていないと体重が落ちにくくなることがあるんです!

 

 

ご飯を食べないと痩せにくくなる理由

 

ご飯を食べたときに胃や腸で消化吸収を行います。消化吸収をする際に発生する

食事誘発性熱産生といって代謝をあげてカロリーを消費してくれるんです!

ご飯を食べないとこの食事誘発性熱産生は起こらないため代謝を上げてくれなくなります。

そしてダイエット中に代謝が下がり突然体重が落ちなくなってしまうのです!

 

特に食べた方がいい栄養素

 

代謝を上げるという意味でダイエット中に意識して食べたいのがタンパク質です。

特に肉や魚、豆類といった固形物のタンパク質。

 

タンパク質は身体を作る大切な素材になり、食事誘発性熱産生も他の栄養素より多くなることが分かっています。

できるだけ毎食、固形物のタンパク質を摂るようにしましょう!

 

食べたものによって行動を変える

 

消化吸収をする際に胃や腸にはすごく負担がかかります。

食後すぐに運動をしてしまうと、うまく消化ができなくなり消化不良になってしまうことがあります。

そのため、食べたものによって行動を変えることが大切です。

 

脂質が多い食事をした時・・・1時間程度休憩してから運動をする

炭水化物が多い食事をした時・・・30分以内に散歩程度の運動をする

脂質が多い食事は消化に時間がかかるため1時間は休まないと胃に負担をかけてしまう。

炭水化物が多い食事をした時は血糖値の上昇を抑制するために30分以内に軽度の運動がおすすめです!

 

まとめ

 

食事を摂らないことによって筋力や代謝の低下に繋がり、結果的にダイエットがうまくいかなくなってしまいます。

栄養バランスを考えて食事をすることで体重減少の停滞(ホメオスタシス)を防ぎダイエットの成功に近づけます。

この記事を書いてる人  -Writer –
岩井 慎太郎
   
BODY MAKING GYM TIES
代表コンディショニングトレーナー
月間180セッションを受け持ち老若男女問わず、幅広いクライアント『健康』の大切さを伝えている。
主に『ボディメイク』『コンディショニング』『ロコモティブシンドローム予防改善』を『運動』『食事』面からサポートしている。
体験申し込みはコチラ