BODY MAKING GYM TIES
2ヶ月間のフルサポートで
理想の体を手に入れる

ダイエット中の体重停滞突破術

2021.11.23
3

 

体重は減少は止るもの!

 

順調に思えたダイエット中、突然止まってしまった体重減少・・・

何で頑張ってるのに落ちていかないの。といくら思ってもなかなか落ちず心が折れてしまった。

そんな経験をしてしまう前に、正しい知識を持っておけばそんな悩みは解決!

人間の身体は急激な変化が身体に起こった場合に防衛反応で一定の状態を維持しようとします。

一生懸命頑張って体重を急激に落とせば落とすだけ、強い力で止めに来ます。

もう、こんな状態↓↓

 

なんで体重が止まっちゃうの?

 

一生懸命にダイエットしていてカロリーもすごく低く抑えているのに突如停滞する。

 

この体重の停滞は人間の生理作用であるホメオスタシス(恒常性)といって、急激な体重の減少で餓死しないように一時的に代謝を低下させて飢餓状態から回避しようとする作用です。

 

この作用は1カ月で4キロ以上のペースで体重を落とすと最大の効果を発揮してしまいます。

 

ホメオスタシスから全力で逃げる方法

 

本来、ホメオスタシスというのは生物にとって超重要な反応で、生き延びるためには必要なのですがダイエット中となれば話は別!

ホメオスタシスから全力で逃げながらダイエットをしないといけません。

絶対に注意したい3つのポイントをご紹介します。

 

体重減少を緩やかにする

1カ月で2キロくらいを目安に緩やかに体重を落とすことで停滞を回避します。

 

タンパク質は不足しないようにする

タンパク質摂取の目安は体重1㎏あたり1gのタンパク質を目安にしましょう!

70㎏の方なら70gを目安です。激しい運動を行う方は体重1kgあたり1.5g~2gを目標にします。

タンパク質が不足すると代謝を下げやすくなってしまうので注意が必要です。

 

体重減少が緩やかになったら

ホメオスタシスが姿を現し始めたら食事制限を少し緩める!

今まで1200kcalにしていたのなら1週間だけ1300~1400kcalくらいに増やしてあえて体重減少を緩やかにする。

1週間してホメオスタシスが見えなくなったらまた1200kcalに戻すことでスムーズに落ちるようになります。

 

ダイエットの天敵、ホメオスタシスから逃げ隠れしてスムーズに体重減少を目指しましょう!

 

お困りのことがあれば下記のSNSのDMからご相談ください。

この記事を書いてる人  -Writer –
岩井 慎太郎
   
BODY MAKING GYM TIES
代表コンディショニングトレーナー
月間180セッションを受け持ち老若男女問わず、幅広いクライアント『健康』の大切さを伝えている。
主に『ボディメイク』『コンディショニング』『ロコモティブシンドローム予防改善』を『運動』『食事』面からサポートしている。
体験申し込みはコチラ