BODY MAKING GYM TIES
2ヶ月間のフルサポートで
理想の体を手に入れる

正しい呼吸でQOL向上!

2022.07.12
3

人間の基本運動『呼吸・咀嚼(そしゃく)・歩行』

中でも一番重要なのは『呼吸』です。

 

今回はこの呼吸について書いていきます。

 

 

呼吸とは?

 

ご存知の通り、吸気で酸素を取り入れて、呼気でいらない二酸化炭素を吐き出しています。

一般的に言われる鼻や口から空気を交換することを『外呼吸』といい

体内の酸素を血液に乗せて、細胞内の二酸化炭素と交換することを『内呼吸』と言います。

 

この呼吸が上手くできていないと安静時でも酸素が不足してる状態になったり

酸素を無理やり取り入れようとして、本来使わなくていい筋肉を使って呼吸してしまいます。

 

 

安静時呼吸と努力呼吸の違い

 

普段、私たちが無意識にしている呼吸のことを『安静時呼吸』(不随意的呼吸)といい

深呼吸など意識的に行う呼吸を『努力呼吸』(随意的呼吸)と言います。

 

安静時呼吸は、1日に1万回〜2万回行われる運動です。

この安静時呼吸で間違った筋肉の働きをさせてしまうと、1日で1万回のエラーを起こし

体調不良や腰痛肩こりなどのパフォーマンス低下を招いてしまいます。

 

 

『のび〜』で正しい呼吸に整える!

 

 

安静時呼吸で使われる『横隔膜』『外肋間筋』を伸ばして正しく使えるようにする方法

『のび〜』は手をバンザイして足を伸ばし、手足がめいいっぱい離れた状態にすること。

 

○毎朝ベットの上で『のび〜』を5回!

○トイレに行くたびに『のび〜』を5回!

○就寝前に『のび〜』を5回!

 

日常生活やスポーツのパフォーマンスを向上させるには正しい呼吸が必須です。

まずはこの習慣から身につけて、普段使いにくくなってしまっている筋肉を緩めましょう!

 



この記事を書いてる人  -Writer –
岩井 慎太郎
   
BODY MAKING GYM TIES
代表コンディショニングトレーナー
月間180セッションを受け持ち老若男女問わず、幅広いクライアント『健康』の大切さを伝えている。
主に『ボディメイク』『コンディショニング』『ロコモティブシンドローム予防改善』を『運動』『食事』面からサポートしている。
ご予約はコチラ 体験申し込みはコチラ